経験が豊富な建築士に依頼する

業者選びの際は比較することが大事

注文住宅を建てる際には建築を依頼する会社を選ばなければいけないのですが、住宅を建築する会社には大きく分けると全国展開しているハウスメーカーと、地域に密着した営業をしている工務店との2つに分けられます。しかしハウスメーカーも会社によってその業者独自の特徴を持っていますし、工務店もその地域に何店もあるので、業者選びをどのように進めていけば良いかわからないという人も多いでしょう。業者を選ぶ際にはその会社や工務店のホームページをよくチェックしましょう。ホームページにはだいたいその会社が実際に建築した住宅の施工例などが記載されているので、自分の理想としている家を建築してくれそうな業者を複数選びます。この複数選ぶというのがとても重要です。

建築家に依頼するときも比較することが大切

注文住宅を建てる際に特にこだわりが強い人の場合は、ハウスメーカーや工務店ではなく、建築家が在籍する建築事務所に依頼するという方法もあります。建築家に依頼することでハウスメーカーや工務店では対応できないことでも対応してくれるでしょう。しかし建築家の場合はハウスメーカーや工務店よりもさらに個性が際立った家づくりをするので、業者に依頼する時以上にしっかりとホームページなどでその建築家の特徴をしっかりと把握し、比較検討しなければいけません。建築家に注文住宅の建築を依頼する際に特に注目しておいてほしいのが、これまでそれくらいの経験を積んでいるかです。実績を多く積んでいる建築家であればあるほどさまざまな状況に対応できますし、強度に優れた住宅を建築してもらえます。

設計事務所は、注文住宅のデザインに関する相談だけでなく、リフォームやリノベーションなどの受付も行われることがあります。